リスニング

4月以降何をやろうか迷いつつ過ごしています。今月は10日で予定を終了した後、リスニングは続けるものの復習などは殆どしないだらけた生活になってしまいました。

杉山先生の本も文型練習もやっていません。リスニングと多読とディクテやライティング(というほどたいしたものではなく、教科書の課題をやる...というものです。理由を書くいい訳をするなど)で手一杯で忘れていました。

リスニングはStéphane Hessel氏死去のニュースの音読が50回に近づきつつありますが、on va continuer ses combatsのbとvの発音の聞き分けはついにできませんでした。二つとも同じに聞こえます。一生できないでしょう。仕方ないです。

しかし、夫も、雪と勇気の発音が区別できず、会話が混乱しました。日本人だったら子どもでもこの区別は難なくできると思いますが、夫も一生できないだろうなと思います。言われて発音することは私も夫もできるのですが、会話のなかにするっと入ってくるともう勘でしか聞けないので、ここがやはり若い学習者と大きく差が付いてしまうところだと思います。

[PR]
by lucien518 | 2013-03-26 01:53 | フランス語


<< リスニング教材を買う les petits cito... >>