野村監督

野村克也監督の

”勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。”

....という言葉をみつけさっそく手帳の裏表紙に書きました。

準1もB1も”不思議”の領域なのでとても次の段階には進めません。

3月以降勉強量も低下気味で5時間はとてもできません。

杉山先生の講座も聞き取りは1回では無理でした。本を朗読しているのですからニュースとはやはり違います。文法の説明は簡単でしたが....

しかし、私はこのタネ本を持っているのです。欧明社で昔、ずいぶん長いこと販売していました。

元の本も多読の一環として眺めていますが、理解度は杉山先生のような詳細な解説がないと劣ります。

テキストに載っている以外で読んでわかったのは、”ネコはどうして常に足を地面につけるように降りられるのか”という疑問と”ねこは、なぜ太陽のしたでも寝られるのか”....くらいです。ネコの記事は楽しく読めました。

[PR]
by lucien518 | 2013-04-03 00:01 | フランス語


<< 4月以降の計画 うれしい知らせ >>