作文の解答について

前々回は作文について書きましたが、コメントがいただけありがたかったです。

自分の思いをそのコメント欄に更に続けようと思いましたが、長くなってしまいそうなので、ここに書きます。

前回、自分の作文より、人が書いたものを写すほうが効果的なのかな?...と思ってしまったわけは、ブログに書きましたが、その他にもうひとつあります。

試験準備のため、何回か書いたのですが、使用する本によっては、模範解答を載せてくれることがあります。それを見ると、高度な構文と表現に驚き、ここまで書けないといけないのかと思ってしまいました。自分の稚拙な表現とは大違いです。到底、自分の頭からひねり出せるレベルのものではありません。それなら、まるまる覚えてしまったほうがよいのかと思った次第です。

英検1級に似ていると思いました。受けたことはないのですが全問題集は持っています。その面接問題の模範解答が、自分では絶対言えない表現が散りばめられており、凹んでしまいます。暗記しようとしてもとても全部は無理です。

その一方、解答作成者はあくまでも”模範”解答を書いているのであって、そのレベルで言えなくても(あるいは書けなくても)、論理構成がきちんとされていて、よどみなく話せれば(書ければ)合格できるかも....と感じることがあります。この辺は、受けた事がないので想像で書いているので、間違っていたらコメントをいただけたら幸いです。

それと同様、DELFの作文の立派な解答も、作者が威信をかけて(大げさ!)書いているのに違いないので(決め付けはいけないことですが)、この水準まで行かなくてもOKなのか、やはり、解答に近づくべく努力するべきなのか揺れている最中なのです。

[PR]
by lucien518 | 2016-06-02 19:21 | フランス語


<< 自選短編集 勉強再開 >>